メイン

CAD アーカイブ

2007年08月31日

既に公開していた

_SketchyPhysicsファイル

過去ログを無くしてしまいましたのでファイルリストのみ揚げておきます。

□ 建築的


□ ゲームとかスクリーンとか

□ アニメ..TB

2007年09月05日

直撃確定

_のようです。
現在うちのアバウト湿度計では100%超えた所から針が動かない、
9/6は一日外の予定、しかもamは調査..どう見ても無理だ。

今日のPhysics
形でわかってね
此処にどうやって段々を組めば好いのか良案を募ります。

2007年10月12日

部品>>画像の2

_着手したかも..
JWK(JWS)読みの資料漁り。
JWKは大体解った、線円点文字しかないし単純だけど..こう云うのは面倒で萎えそうになる。

とりあえずテスト表示して遊んだ。

PS
今日は開館日です。
万世橋のアソコには物心つく前から行っていたと記憶している、そういえば長いこと、電気街に足運んで橋も渡るが横目にも入れてなかった。
鉄っちゃんには涎物なのでしょうね..そういえば前工場の時「つばめ」が来るってんで観に行った事はあった。

2007年10月21日

ツマッていて

_思っていたように暇がとれない。

部品>>画像
 遅々としていましたがやっとJWSが読めた..
て云うか、HiroCom777さん処のVBソースやpeterさん処のPascalソースを只なぞってみたようなものですがね。
blockのリカーシブで引っかかって大分ロスした、アーこれは表示の方ね。
次はCGI化  と。

2007年10月22日

SKPの場合

_ファイル自身の内部にサムネイル用画像を保持しているような予感..

==[ファイル][開く]ダイアログの概要画像表示が早いとおもいませんか==

と云うかそういった「希望的観測」を持ってSKPバイナリを眺めていると、  アラッ?多くのファイル内にPNGを表現してるようなデータ列を発見できます。  
試しに抽出してみたら..サムネールかも、カモ、??

ところが全てと云う訳ではなくて違うものもある様で  さて、どうしましょう?

2007年10月25日

ここらで

_一息。

CGIが肥大してスピードが怪しくなってきた、この辺からスクリプト(ライブラリ)読込にかかる時間が処理全体に対して気になって来る、何度も呼ばれるとなると尚更。
一度生成したサムネイルはそのままこちらにキャッシュしてしまっているので2度目からはそれを返すが、そうするとサムネイルを更新したい時(部品に修正を加えた場合など)に困る、のでキャッシュフラッシュするオプションをつけた。

で、一寸休んで全体をゆっくり見回してみます。
えーと、此処には成果物を揚げてませんでしたので一応書いておきます。

「CAD部品からサムネイル画像を生成するCGI」

ネットから参照できる場所にあるCAD部品(pt)(jwk)(jws)(skp)のURLを与えるとサムネイル化した画像を返します。
<img src="ttp://akitenh.dip.jp/fenp/cgi/pt2img.cgi?部品ファイルのフルURL" />
既に生成されているものを再生成したい時には
"....cgi?部品ファイルのフルURL+new" />
などとすると古い物を捨てて新規に生成します。

2007年10月29日

極部品/外変網ランチャ

_でへへ、

前々記事で
> >>自分のマシン内の部品選択>>所定の場所にFTPアップ>>ブラウザ上げてDBログイン画面を出す
などと書いたのですが、FPNランチャに追加してしまいました。

HTAで使えるコモンダイアログからは複数ファイル選択が不可で1個づつ指定してアップする事しかできませんけど、無いよりは良い程度になりました。
"Shell.Application"=Explorerを使ってFTP接続、Windowsってのは何かやろうとすると一応準備はしてくれているのよね、どれも「一応出来る」ってだけなのだけれど、もう少し親切に作ってくれないものか。

2007年11月09日

ランチャ

_また更新。
2年も弄り回しているとだんだん収拾がつかなくなってくるので..すこし整理しました、
見た目だけ。

2007年11月10日

DrawArcsやら

_落して入れてみたけど即ぐ消した、だって....なんだもん。
自前との差が今一、もっと大きく違っていればね。

2007年11月24日

デポに上がっている

_'windows.rb'の改変。

窓枠内が「空っぽ」というのではいかにも寂しいので、ガラスを張るように。
あと少しだけ。


コピーライトが元の@LastSoftwareになっていて現在は何処に属すのか不明、
常識的にはgoogleが引継いでいると考えるのが妥当なんでしょうね。
> # This software is provided as an example of using the Ruby interface
> # THIS SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS" AND WITHOUT ANY EXPRESS OR
> # IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, WITHOUT LIMITATION, THE IMPLIED
> # WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
として公開されているので支障ないものと勝手に判断しました。

2007年11月28日

再帰的に

_処理して
グループやコンポーネントを含めた全てのFaceを認識できるかテスト
#
require 'sketchup.rb'
#
class Ent_view
def initialize
model = Sketchup.active_model
ent1 = model.active_entities
serch_face(ent1)
end
#
def serch_face(et1)
et1.each do |e|
if e.kind_of? Sketchup::Group
sel = e.entities
self.serch_face(sel)
elsif e.kind_of? Sketchup::ComponentInstance
sel = e.definition.entities
self.serch_face(sel)
elsif e.kind_of? Sketchup::ComponentDefinition
sel = e.entities
self.serch_face(sel)
else
if e.kind_of? Sketchup::Face
display_ent(e)
end
end
end
end
#
def display_ent(e)
msg = e.typename + ":"
msg = msg + Sketchup.format_area(e.area)
UI.messagebox msg
end
end
# add a menu
if( not file_loaded?("test0000.rb") )
add_separator_to_menu("Tools")
UI.menu("Plugins").add_item("entities") { Ent_view.new }
file_loaded("test0000.rb")
end

一応出来るみたいです、但しコンポーネントインスタンスは無条件でオリジナルを参照してしまって配置点やアフィン行列を見てないから表示内容はウソです。

2007年11月30日

Obj_in-out

_読み書き出来たみたいなので、

仮に置いてみる→[Obj_in-out:12/18版]

変な悪さはしないと思いますが付け焼刃ですので気を付けてお試しください、実務でのご使用にはリスクがありますので避けていただくのが賢明です。

2007年12月18日

有用な

_コードをいただいたので、Obj_in-outを右段のツールに公開としました。
まだ変なところがあるかも知れませんが追々更新して行きますのでゆっくり見てやってください。
michipoさんありがとうございました、あらためて御礼申上げます。

2007年12月27日

押し詰った

_今頃になってなんですが、
こんなに簡単に「膜」や「ハル」が張れるとは知らなかったもので。
SoapSkinBubbleTools




2008年01月27日

Physics2

_と思いたったのはいいけれど

残念ながら時間切れとなりました。
backhoe08a.png

ジョイントが全く配置できていません..スタートしても単に崩壊するだけですが
中途モデル

2008年02月10日

windows.rbの改変

_以前、本家のプラグインを弄ってしまいましたが、

どうしても壁面からインセットした形状が欲しくなって再び手をいれました。
前回は面のextrudeに引っかかってダメでしたが、その部分を見直して修正しました。
windows_kai.png
インセットできると陰影が深くなってより効果的!

2008年02月17日

3Dから

_はじまる計画だとすると..

此処や

其処は 当然2Dに持って行かないとならないと思いますが、

残念ながらGoogleSketchUp(無印版)では、[断面エクスポート]メニューが出てきません。

♪ないものはー 作るしかない♪

すると


このようになってしまいます。

2008年02月29日

楕円積分の

_問題..というか。
結果の正しさや不正確さはどうやって検証すればいいのかわからない。

ちなみに楕円(弧)長を計測するものがあるとする、
 JW_cad用 と BeDraw用
で、得られた結果が評価できない。

※これ見て即使える方は稀少なのであまり期待してるわけでもないけどおしえて! 一応使い方書いておく
 [極部品/外変網ランチャをあげる]
>[JW_cad/BeDrawをあげる]
>[楕円(弧)を一つ描く]
>[上のリンクをたたく]

2008年03月16日

そういえば

_聞こうと思っていてすっかり忘れてしまった。

SKPやJPGやPNGファイルがネット上にあるとして、
「そのURL(リンクでもそうでなくとも)文字列」をスケッチアップの窓にドラッグアンドドロップすると
「勝手にダウンロードしてインポート貼付け状態になる」って云うのはドキュメントされた機能なんでしょうか?

これ↓はテスト用です。URL文字全体を選択してスケッチアップにD&Dするね。
http://akitenh.s55.xrea.com/fenp/parts/LcdTV.skp

2008年03月31日

年度末

_あい変らずダラダラと引きずって居ります。
あっという間に樹々が色づいて一気に春と思っていたら今日は冷えて再た暖房のスイッチを入れた。

等時間と天空図をすこし修正、画像保存はpngに指定した方がメリハリがあることがやっとわかった。
あとLineDxf3mを掲げておきました。

2008年04月02日

画像を

_使わずにロゴタイプを巻き付ける。

あまり..きれいに行かない。
現在データはコレ

いえけっして遊んでるのでなく..

このようなものを描きたいのですよ。

あっ

やっぱり遊んでる、ブライス速いっすね。

2008年04月03日

目的は

_果したので、あとはおまけ。
黄昏のヨッパライ..抱きつく人。

今回使用したプラグイン?>巻付変形

2008年04月12日

SketchyPhysicsで

_開くドア...を生成するプラグインを作ってみた。

spdoor.rb開戸や
spslider.rb引戸や
Pluginsに放り込んで
Rubyコンソールから
>SPdoor.newエンター とか
>SPslider.newエンター とか
打込んでね。

ドア形状作るところまでは じゃば さんのコードをいただいてしまいました。
 感謝感謝感謝 

あっ、もちろん「SketchyPhysics」入ってないと動かんからね!

※追記 2008/04/19 書き加えて公開ツールに置きました。

2008年04月23日

SU2POV for Google SketchUp6

_フランスの Didier Bur さんがやってくれた、うれしい。
enceladus.png
POVとは随分長いつきあいで慣れていたし何よりも速さに魅かれて使っていましたが、GSU6でskmの仕様が変わって使えなくなって困っていました。
ちゃんとテクスチャまで渡る、これでサクッとレンダチェックができるようになった。
「日本語のフォルダやファイル名」の問題はあるがこれは仕方ない..
..パッチ当てさせてもらってしまった。

2008年04月29日

2線分の交叉角

_面白..と云うか空間ベクトル処理への興味から..うちでも作ってみた。
外変としてうまく動作したり完成度がどうこうではなくて

Sketchup的には2ベクトルの成す角は
挟角=v1.angle_between v2
と1行で得られてしまうから面白くもなんともないが
これを自前で用意するならどうすればいいのだろうと考えた。
結局
2ベクトルの挟角をθとするとtanθ=外積/内積であるとわかった。
※正しくは外積でなくそのノルムね

再びSketchup的には
外積ノルム=(v1*v2).length
内積=v1%v2
やはり1行で終ってしまうので面白くない。

で成果物..ここに晒してもしょうがないけれど
※要パスの通ったruby
-----ang2.bat-----
@rem 交叉角
@echo off
rem #jww
rem #cd
rem #h0
rem #1ln 線1
rem #2ln 線2
rem #e
copy jwc_temp.txt temp.txt >nul
ruby -x %0 temp.txt >jwc_temp.txt
rem pause
goto end
#!ruby
eval %q{aW5jbHVkZSBNYXRoClZlY3RvciA9IFN0cnVjdC5uZXcoOngsOnkpCiMgik+Q
z4Ntg4uDgApkZWYgdmNyb3NsZW4odjEsdjIpCiAgYyA9IHYxLngqdjIueSAt
IHYxLnkqdjIueAplbmQKIyCT4JDPCmRlZiB2ZG90KHYxLHYyKQogIGQgPSB2
MS54KnYyLnggKyB2MS55KnYyLnkKZW5kCiMgjPCNs4FICmRlZiBmY3Jvcyh4
MSx5MSx4Mix5Mix4Myx5Myx4NCx5NCkKICBmYz0wCiAgaWYgKCgoeDMqeTEt
eDEqeTMreDIqeTMteDMqeTIreDEqeTIteDIqeTEpKih4NCp5MS14MSp5NCt4
Mip5NC14NCp5Mit4MSp5Mi14Mip5MSkgPD0gMCkgXAogICAmJiAoKHgxKnkz
LXgzKnkxK3g0KnkxLXgxKnk0K3gzKnk0LXg0KnkzKSooeDIqeTMteDMqeTIr
eDQqeTIteDIqeTQreDMqeTQteDQqeTMpIDw9IDApKQogICAgZmM9MQogIGVu
ZAogIGZjCmVuZAojIJW9jXOBSApkZWYgZnBhcmEoeDEseTEseDIseTIseDMs
eTMseDQseTQpCiAgZnA9MAogIGlmICgoKHkyLXkxKSooeDQteDMpLSh5NC15
MykqKHgyLXgxKSkqKCh5Mi15MSkqKHg0LXgzKS0oeTQteTMpKih4Mi14MSkp
IDw9IDApCiAgICBmcD0xCiAgZW5kCiAgZnAKZW5kCiMgjPCTXwpkZWYgZmNy
b3NwKHgxLHkxLHgyLHkyLHgzLHkzLHg0LHk0KQogIGNwPVswLDBdCiAgaWYg
ZmNyb3MoeDEseTEseDIseTIseDMseTMseDQseTQpPT0xCiAgICBpZiBmcGFy
YSh4MSx5MSx4Mix5Mix4Myx5Myx4NCx5NCk9PTAKICAgICAgeCA9ICgoeDQq
eTMteDMqeTQpKih4Mi14MSktKHgyKnkxLXgxKnkyKSooeDQteDMpKS8oKHky
LXkxKSooeDQteDMpLSh5NC15MykqKHgyLXgxKSkKICAgICAgeSA9ICgoeTQq
eDMteTMqeDQpKih5Mi15MSktKHkyKngxLXkxKngyKSooeTQteTMpKS8oKHgy
LXgxKSooeTQteTMpLSh4NC14MykqKHkyLXkxKSkKICAgICAgY3A9W3gseV0K
ICAgIGVsc2UKICAgICAgY3A9W3gxLHkxXQogICAgZW5kCiAgZW5kCiAgY3AK
ZW5kCiMtLS0tLW1haW4tLS0tLQpmPW9wZW4oQVJHVlswXSkKd2hpbGUgbG4g
PSBmLmdldHMKICBpZiAgICBsbiA9fiAvaGhwMWxuLwogICAgeDEseTEseDIs
eTIgPSBmLmdldHMuY2hvbXAuc3BsaXQuY29sbGVjdHt8c3wgKHMudG9fZiox
MDAwMCkudG9faS8xMDAwMC4wfQogIGVsc2lmIGxuID1+IC9oaHAybG4vCiAg
ICB4Myx5Myx4NCx5NCA9IGYuZ2V0cy5jaG9tcC5zcGxpdC5jb2xsZWN0e3xz
fCAocy50b19mKjEwMDAwKS50b19pLzEwMDAwLjB9CiAgZW5kCmVuZAp4LHkg
PSBmY3Jvc3AoeDEseTEseDIseTIseDMseTMseDQseTQpCmlmIHg9PTAgJiYg
eT09MAogIHByaW50ICJoZSBoYXZlIG5vIGNyb3NzIHBvaW50IgplbHNlCiAg
djEgPSBWZWN0b3JbeDIteDEseTIteTFdCiAgdjIgPSBWZWN0b3JbeDQteDMs
eTQteTNdCiAgYyA9IHZjcm9zbGVuKHYxLHYyKQogIGQgPSB2ZG90KHYxLHYy
KQogIGFuZz0wLjAKICBpZiBjPT0wCiAgICBhbmc9MTgwLjAgaWYgZDwwLjAK
ICBlbHNlCiAgICBhbmc9YXRhbjIoYyxkKSoxODAuMC9QSQogIGVuZAogIHBy
aW50ICJjaCAlZiAlZiAlZiAlZiBcIiVmIiAlW3gsIHksIHYyLngsIHYyLnks
IGFuZ10KZW5kCmV4aXQKIy0tLS0tCl9fRU5EX18K}.unpack("m").to_s
:end

2008年05月03日

LIGHTUP

_使ってみました。
コンバート不要、現在画面でシミュレーションできるのは良いけれど
ドキュメントに
Handling groups of instanced components/groups not always working.
Components of components seem to cause problems.
とあるとおり入れ子になったコンポやグループの認識がほぼ全滅
これは痛い..
いちいち解除しないとならないのではリアルタイム性が看板倒れです
改善されたらまた考えましょう。


そこで、こちらは待望のSU2POV3
Ta_L02.png
POVの面光源は点光源の集りでしかないのだけれど
かと云ってSU2POVでサポートしていないのは前から気になっていたので..
それらしいオブジェクトを作ってPOVに渡せるように改造してみました。

2008年05月04日

引続き

_SU2POV3
によるシーンの作りをチェック
カラのメッシュが渡ったりするけれどそれはPOVのエディタでなんとかする
太陽光下のシーンは光源が強くて白飛びぎみなので露出調整

そして夜..

その内部..

nomalだとアンチエイリアスが甘くジャギーが目立ったり
面光源が実は点なのがバレたりしますが
光源5-6のシーンなら数分のレンダリングでその効果を検証できる
やはりありがたい。

2008年05月11日

SkIndigo_1.0.9

あーぁ Indigo お前もか日本語名のテクスチャが正しく渡らない。

igs(xml)にutf-8でファイル名記載して/TX_defaultにコピーしたファイル名がsjis
これじゃダメでしょ..原因は特定した、おそらくv1.0.5から発生してる。

v0.9.1に戻すか、対症療法で暫く乗切るか..KTは好みではないけれどこの際そっちに行くか。
常用だけに悩ましい...が天越館的には怪しげなパッチ当てになるんでしょうね。

2008年05月14日

さらに

_ライティングてすと

Light4a.png
左から 白熱球、ハロゲン球、ネオン球、ナトリウム球。
ちなみに床面は 左からカーペット、耐摩耗フローリング、本磨き、ビニルタイル

ネオン球はほぼ昼光色と考えて良いかな。

2008年05月22日

zone_kai改

_depotに掲がっているzone.rb
を弄ってから随分経過してしまいました。
「提案」を含んだ改変でしたが、人気サイトでもない此処に掲げたところでそうそう反応があるわけでもありません。
が某所でのSketchupによる面積集計に関するスレッドを気に止めた方が結構いらっしゃったようです。
そこで、うちでも便乗 zone_kai.rbを再び改変してみました。
こいつが、
zone_kai_sk.png
こうなります。
zone_kai_sk.png
少しは前進したと思います。

2008年06月01日

6月に

_入ってしまった。
10周年記念月間で「なにか」と思っていたのですがネタ切れで出そうもありません。

ウェブ3.0と黒川紀章
1969年と言やぁアポロが月に着いた都市 年じゃないか、すげー..
読んでない。

2008年06月25日

外柵

_傾斜面にフェンス。
gfence.png
思ったほどに巧くは行きませんでしたが。
こちらのプラグイン

外柵改修

_しました。
製品規格は4から5φ程度ですが、こちらは只の平面で表現している関係で鬱陶しくならないよう3mm幅としました。
gfence2.png

2008年07月03日

理想的な

_ことを云えば...
このくらいまでやって欲しいのはよく解ります。


効果的に体積を出すには、如何様なモデリングしてどのように算出すりゃいいんでしょうね。
一応のたたき台を仕込みました。

2008年07月09日

EveryDWG

_コマンドラインでちゃんと働くようになったかも。

たしか以前の版では、コマンドラインではダメだったけれど、
今日落したstamp2008/06/26版で試したら
コマンドプロンプトからのタイプでちゃんと変換してくれた。

2008年09月05日

ImageMagick

_と云うよりもRMagickの方。

此処の公開SketchUpプラグイン日影図・天空図については、WEBシステム等で良く使われているImageMagickのruby用ライブラリを利用してるのですが。
アーカイブに添付したりドキュメントに記載していた版のRMagick(2.0.0)は公開停止になって久しいらしい..昨日気づきました。
で、公開が継続しているRMagickのうち(2.0.0)と同じImageMagickライブラリが添付されている安定版(1.15.12)を使うように修正して再アップしました。

今まで使えているのならば何ら問題ないのだけど、持って行って使おうとした方々はセットアップすら出来なかったと思います、ご迷惑をおかけしましたすみません。
まぁ苦情も無かったからほとんど需要もないと思いますけど。

2008年09月19日

GEで

_表示
nk1_et.png
..
位置合わせがメンドイ。
概略LatLongはMapから持ってきて微調整、GEからビューを取得するもタイムゾーンが3時間ずれるのは相変らず。
台地や山間の計画では地形インポートできるのが良いね、うちの方は真っ平らだからなー。

tkgw_et.png
..
こういった場所の方が楽しいし張合いもある。

2008年09月22日

GEを

_普通に立ち上げると

初め窓に地球全体が表示され言語設定に応じたstartinglocationまで回転し
その後ユーザのオペレーション待ちになるが..

SketchUpから[モデルを配置]してやるとモデルの建つ場所が適当な倍率で表示されるところまで自動操縦される..

したがってGEは、任意に位置・倍率・視点角度などを指定して起動させられるんだなと云う事に気がついた。
kmz(圧縮されてるだけで実体はkml)ファイルの中を覗いてみたら、それらしきパラメータがある。

そこで、以前試した「GoogleMapsAPIで緯度経度を抽出してみる」のと連動させて「その場所をGEで表示する」って云うところまで作った。

2008年09月23日

カンチレバー

_
somemさんの処のネタより..
canti.png
ありがとうございます、とても参考になります。

2008年10月12日

真似

_してやってみた、
gl-di.png
けれどもIndigoでノイズが消えるまでは待てない状況..240min。

2008年10月14日

刻印

_と云えば
gl-di3.png
SUで3Dテキストをはめ込むことは簡単にできますが。
萬子や字牌ならそのまま使えるからといって同じように筒子索子が出てくるわけもなく、まして一索の刻印するほどの根気は持ち合わせません..

この辺から

_始めてみれば、格好は付くかも
jong-3.png
三向聴、それ以前にイカサマか..白五牌

2008年10月17日

聴牌

_白あたまでトリ待ち。
jong-4.png
トリ、鳥、とり.. 九索の刻が深すぎたか、影が薄い。

2008年10月19日

自摸

_守り神が下ってしまっては、刻ってばかりいられない。
jong-5.png

2008年10月21日

回らない

_ぞ、こらっ
rbkscube.png
※3DwarehouseからJamesさんの貰ってきただけです、内部構造取っ払ってヒンジ仕込んだのですが簡単には回らない。

2008年11月12日

cutting_windows.rb

_これは良いですね、
実にスマートに穴開けてくれる。
ただ秋天越的には、いっこづつ再コンポネント登録して行くのはちょっと..
で..
此の windows_kai.rb
  ※08/11/14「公開ツール」を更新して収容しました
「Burさんのプラグイン」が入っていれば、配置後右クリックで内壁まで抜けるように仕込んでみました。
今のところ快調みたい。

2008年11月18日

_が出てる
とのことだけれど未だ行ってない。

Layoutは使ってみないといけないと思っているけど。
DynamicComponentってどういうの、 'windows_kai'や'spdoor'のようなもの?

2008年12月07日

天空図

_GSU7で描けない!
GroundのTransparency値を変化させても半透明の斜線面が消えてくれないよーー
どうしよう、どうしよう。

GSU6での「半透明体+地盤=透明になる」仕様が、GSU7では無くなってしまった、
Ground面の透過性自体は働いているから不具合ではないしな。

2008年12月11日

やはり

_SU7で天空図を描くのは難しい。
線分が交叉した時に自動分断される仕様が悩ましい、切らずに描くにはどうすればいいんだろう。もちろん相手がグループやコンポネントであれば問題無いが、一部分だけ選択して引きずって行く時に困った事になる。
描き方に幾つかの条件を追加しないといけないようだ。

12/14 このようにしました。
skdm_ct7a.png

2009年01月16日

TIFF付SFC

_
まさに言いだしっぺの法則となりました。

需要は言い出した側に在るし既存しないなら生産するっきゃないんだ、
当面はそんな事でしのげそうだけれど片付いたらちゃんとやりますか。

この程度で済むのならJWで対応してくれても良さそうに思えるけど、何か意図があったんでしょうね。

2009年01月23日

TIFF付SFCその後

_一応整理したつもりで、
右の [公開ツール] [NonGenre] に置いてみました。
jwwtif4sfcは、JW_CADが自身で読返しできないものには未対応です。

2009年01月26日

螺旋坂道

_より..
いろいろなモデリング法がありそうです。
SprlSlp.png
うちでは、直坂道を作っておいて最後に「くるりん」っと巻きました。

2009年01月27日

jw_opt4o

_
遊ばせていただきました、
pino-a.png
謝謝。

2009年02月03日

BIM

_SketchUpを用いて実践する。

いえね「誇張」でなく「可能性を探る」でもないのです。
今までSketchUpと付合ってきてそのデータについて少しばかり解ったことは、SKPデータそれ自身にデータベースを内包できる(している)事で、さらにデータ内モデルの各エンティティ毎に描画情報とは別に自由な属性を与えられるという事です。
これは何を示しているのかと云うと「3D幾何情報とデータベースの統合」でまさにBIM向けに作られたのではと思わずにいられません。
そこで次回からSketchUpデータによる簡単な実験をしてみましょ。

って予告編かよ!

BIMその1

_
予告編だけで「何言ってやがる」など云われないうちに、
zbim001.png
こんなもんから始めてみましょう。

まづは、
このプラグイン
を仕込んでください。

そのあと
このデータ
を読込んで

各立方体を右クリックのコンテキスト最下段[商品情報記入][商品情報表示]
で遊んでみましょう。

BIM行けますね?

2009年02月04日

BIMその2

_
気を取直して
その1であそんだファイルを保存します。
これだけではエンティティに属性を与えそれを読出すことが出来るにすぎません。
SKPがデータベースとすれば、その抽出・分析・加工が自由にできなければなりませんね。
zbim002.png

そこで、
前出のプラグインに少し機能を加えてみましょう。
こちらです
解凍して出てくる.rbをその1に上書きしてください。

再び保存したファイルを読込んで
今度は、[プラグイン][zBIM]以右のメニューを実行します。

さあどうでしょう、データベースらしくなってきますね。
えっ、値上げしても元価格が見えてるって..

それがミソ、BIMにおいて「オブジェクトの履歴」は重要な要素のひとつになるらしい..

2009年02月07日

BIMその2.5

_
心身ともに余裕なし..その3へのステップは踏めません。
お茶を濁しました。
ちょっとだけ進む

2009年02月09日

BIMその3

_
やっとのことで入出力インターフェイスの形が出来つつあります。

こちらです
(09/02/11|00:50差替)

その2.5まで使っていた.rbとはデータベースが別物ですのでzbim01.rbは外してからお試しください。

その3では、本計画のBIMで使うであろうデータベースを暫定的に設計しました。仮のつもりでも基本の部分を押えて作らないとインターフェイスのスタディにはならないんだ..
WebDialog書くのがお初に付き、随分と逡巡してしまいました。

2009年02月11日

BIMその3.6

_
入出力インターフェイスはこのあたりで固定にしておき
(下記事のzbim03パッケージを更新しました)
次回から実際のモデリング実験に入ってみる、おかしな点はその中であぶり出すとしましょう。

モデリング実験といっても普通に描くは変らず、少しだけ違うのは通常2D設計する時の仕様書・仕上表・引出線を記入する要領で各エンティティに属性をセットして行くんです。
簡単ですからご協力お願いします..で、リポートいただけるとフィードバックも進むってものです。

2009年02月17日

BIMその3.7

_3.6に不具合がありました。
新規モデルやエクスプローラからダブルクリックで読込んだモデルは大丈夫ですが、新たにファイルメニューから呼んだモデルに対してダイアログが働きませんでした。
対策としてダイアログをフラッシュするメニューを追加しました。
↓↓のやつを更新しましたので再DLお願いします。

2009年02月21日

BIMその4

_に進めましょう。
で、こんなものを拵えました。
bim0308.png
     このデータ
および、再々更新した入出力ダイアログ

モデルの設定は「築20年戸建て、部分改修有り」とします。

※まるきりスクラッチでは描けないので参照モデルはありますが此処に乗せるに際して諸々課題は一応クリアと云う事で変な所は不問としてね。

以降は、これらを元に遊んでみましょう。

2009年02月25日

BIMその5

_
前記事のモデル、zBIMダイアログで確認すると判りますが
屋根:コロニアル
外壁:窯業系サイディング
となっています、

20年前のそれらとなると当然アスベスト含有が疑われますが、所謂成形板ですから直ちに飛散を心配するものではありません、但し経年劣化で風化してグスグスしてきたりすると話は別、適切なメンテナンスが重要です。
そこで、表面皮膜の更新..外装塗替えを企画することにしました。そこで、その概算予算を組みたいのですが..

こんな時にBIMの本領発揮です、「3Dデータ+諸情報」が1つのモデルに集約して保存されていますから、
「このモデルの屋根と外壁の塗装予算を表示せよ!」、と指示すれば良いのです。
開発途中のBIMですから、そこまで簡単ではありません。
このスクリプト
↓記事のモデル全体を選択して[Plugins][ZBIM][zBimQuery]を実行
各部位の面積を集計して表示する事ができます。

2009年03月04日

BIMその5.2

_そういうことで。
細かいところを修正して
ダイアログ・クエリープラグインとサンプルデータを更新しました。
こちらのプラグイン
こちらのデータです
まとめてパックしてしまいましたので2.5MBほどになります。

2009年03月11日

構築中

_...

築25年超、保全モデルとして描くのも結構手間がかかります。
zbim063.png

2009年03月27日

GEに

_持って行った時に誤差が生じるのか検証
knchk.png
300mx500mくらい..ちゃんと設定位置に置けるように思えるのだけど。
元のskp

そんな事より此処をご存知の方々からお叱り受けそうなモデルだし「こんな物かぶせるな!」と
ごめんなさい..お遊びですから。

2009年03月29日

BIMその7

_再開しました。
..5から飛ばして7かよ..一応ろーどまっぷに従うと7になってる
Bim08.png
ダイアログを更新..
こちらで > BIMにおいて「オブジェクトの履歴」は重要な要素のひとつになるらしい..
などと宣いながら時間(日付)に関する属性項目を付け忘れていました。
プラグイン更新しました。

2009年04月03日

こうなって

_来ると
やはりIFCについて少しは囓っておかないと先へ行けないのかもしれないなど思いつつ。
仕様書ってのは簡単には手に入らないのね、こちらにも無いし..会員のみなのかな。
彼方此方うろうろしてそれらしいドキュメントをいくつか落して眺めるも手に負える代物ではない、その前に英文読解力に問題ありかな..おぼろげな全体像がやっとみえてるかどうか。

2009年04月05日

BIMその8

_
構造モデルもこしらえてみた。
Bim09a.png
で従前の意匠モデルと重ね合せてみると
Bim09a.png
...

宿題はダクトや埋込照明といった設備モデル。

2009年04月15日

BIM って?

_
まさにご理解とご指摘の通りです。

ぶっちゃけ、BIMの考え方目指すところは現在我々が日常やっている事そのものです。
それを建築プロで無い側がプロジェクトの初めから「俺たちにも解るようにやってくれ」てな事を言うものだから..計画段階のエスキース・コストプラン、設計施工段階の整合・干渉、予算・スケジュール、運用・維持管理等々の情報を一元的に表現する(プロで無い側にもわかりやすい)方法論として発生してきたもので、逆説的に「プロのあんたらだってこのほうが良いだろ?」といった脅しを伴った要求とも言えます。
いわゆるIT技術が個々レベルでもその要求に答えられるくらい進んでいますし、また建築分野での熟練技術者が今後不足するだろう事も予想されていますので、BIMへの流れは既に確かなのだろうと思います。
ただプロジェクトの最上流にある設計段階への導入を考えた時、既存のツールはまだまだソフトベンダやその他(プロでない)所の主導によるいわゆる「使えない」ものになっているような気がしていますが悲観はしていません、20年ほど前建築2DCADの初期段階にやはり「使えない」ものがたくさん生み出されましたけれどやがて市場に淘汰されました。
私が今やっている事もやがて埋れて行くものではありましょうが課題は見えてきたような気がしています。

2009年05月11日

えーと

_すじかい
suji.png
suji.lzh 05/16:公開ツールに登録

2009年05月13日

いっぱい

_入れてみた..評価等級3。
tanjiku.png
実際は面材で処理するはずなのだけれど。

2009年05月16日

修行

_未だ々々足りないようだ。
honma.png
V-shanの所から拝借..
柄合わせが今ひとつ巧く行かない、
形状を省略してテクスチャに頼る公式が欲しい..やはり経験則かな。

2009年05月17日

修行続き

_構成はこんな感じか
honma2.png
一番奥にも一つ蔵が建っていたような。

2009年05月19日

何もない

_
GoogleEarthに置いてもあまり意味がないなぁ
MaruichiHonma.png
データは3Dギャラリーに置きました09/05/21

2009年06月07日

KT

_は、とても簡単でかつ優秀だった。
難しいお題をいただいてしまったため予習...

古いバージョンのKTを触って以来なんとなく遠慮していて(新版へのアップだけはしていたけど)まともに使っていなかったので初めからじっくりとレンダリングしてみました。
出てくる結果はくっきりはっきりしていていかにも今風、写真で言うところの銀塩に対してデジタルな絵といった感じ。
いやとにかく早い美味い..せっかちなアタシにゃピッタシです..銀塩的絵の捨てがたい魅力に惹かれつつも。

有償化されてしまうみたいだけれど。

2009年06月21日

びーどろ

BeDraw でなく Vidro

和製の汎用レンダラが有るとは思っていなかったし、TAK2さんがSketchupからのエクスポータを公開されるまで知らなかった。
海外製に押されっぱなしのジャンルに果敢に挑んでいる方がいらっしゃるんですね、これはぜひとも応援しなくちゃいけないでしょ..

おまかせのセッティングで15分くらい
T06_vdr.png

こちらは未だ照明関係の設定が全く解っていないのだけれど試しに走らせたら350分もかかってしまった、絶対光量が不足していたのか全然ノイズが取れていない。
T06_vdr.png

びーどろvidro - global illumination renderer
SU2VDRTAK2さんのブログ

2009年07月05日

挟角180度

_
SUプラグイン「中心点指定円弧」の話なんですけど、今のところ解決策はありません。
と云うのも、現在仕様では中心点、始角点、終角点の3点指定で描いているのですが、3点が同一線分上に乗っている場合、見た目描けそうに思えても幾何学的には描画面が決められません、従ってこれは描けないなー。ごめんなさい。

2009年08月30日

軽いモデル

_とはいえ
不得意分野ですね..

いいかげんに手を打たないといつまでやっても出来ない、

元にした絵とは随分違うけれども、うちでは添えるだけだから。

2009年09月05日

せっかく

_こしらえたモデルなので、
FSWコースを走ってみる。








...これじゃよく判らないな。
ちなみにSKPはこちらで。
「SU7+SketchyPhysics3RC1」でないとダメかな。
元のコンポネントは卯之介さん所の極部品網DBに置きました。

2009年09月23日

GSU7.1

_一応アップデート。

デカいモデルの時オービットが少し軽くなったりしているかも、
おーっと、先日のアナウンスはこの版の事だったのか?

Free版からすでにDWG/DXFインポートが消えているし..
これからアップデートしようとお考えのFree版ユーザさんは要注意ですぞ!

まぁ、うちのやり方はDXFインポートほとんど使わないから影響少ないけれども、なんだかなぁ..V6から持ってくるという方法は考えられるね。

あっと、一応当版にはDWG/DXFインポート用プイラグイン(と云うか一時的に有効化するスイッチみたいなもの)を用意してくれていたのね>Googleさん
でもver8では無くなってしまうのだろうね。

2009年10月08日

重いモデル

_
軽く食べておこうと思ったのだけれど
rice-bowl.png
重くてオービットもまま成らず、
健康な食卓どころか精神衛生上とても不健康になりそう
4分の1位ダイエットしないとダメだね。

2009年10月09日

重い2

これは重くなかった。
rice-bowl2.png
軽いからもう少し描きこまないとね。

2009年10月11日

重い3

_...
rice-bowl3.png

何を

_のせるか?
rice-bowl4.png

2009年10月13日

重い4

_
パン粉のボチボチ付けたら
rice-bowl5.png
もう全く動かんのよ。

2009年10月19日

食物

_繋がり
先日..といっても、20日も前になりますが、
某小学校におじゃまさせていただいたのですが、何と、○十年ぶりに給食をいただきました。
希望としては「揚げパン」やらが良いなと考えていたところに
「今日は米飯の日です!」
出てきたメニューは、「白ごはん、サバの焼物、じぶ煮、おひたし」
完璧に和食..あたしら給食でこんなの食した事ありませんしどうなのよ。
ってすごく美味いじゃぁないか..全部温かいし(此校は昔から調理場付きだそうな)
これで「230円いただきます」って、毎日行きたいぞ!
chubo01.png

2009年11月04日

Google SketchUp 7 is now available in Japanese

_だってさ。
7.1ベースなのか7.0ベースかは不明、未だ落してない。

2009年11月19日

画像をコンポにする

_を考えてみる。

元絵をGIMPで開いて
(1) 透明チャネルを追加(背景を透明)し、PNGで保存[A]
bmskp01.png
(2) 次処理をわかりやすくするために背景に色付け
bmskp02.png
(3) 背景色マスクを作成の上反転、必要形状を抽出し、PNGで保存[B]
bmskp03.png
GIMP終了

(4) InkScapeで[B]の画像をインポート
bmskp04.png
(5) 画像から着色形状をトレースして抽出し、これをDXF保存[C]
bmskp05.png
InkScape終了

(6) DXF形状を2Dで確認微修正
bmskp06.png

(7) SketchUpにて[C]のDXFをインポートして面を張り、グループ化
bmskp07.png
bmskp08.png
(8)(9) 立上げて、[A]のPNG画像をテクスチャとしてインポート、ポジションを調整
bmskp09.png
(10) やっとコンポネント化完了
bmskp10.png
...
簡単にできる方法はあるのでしょうか。

元ネタはKONさんのBlog
使用させていただいた元絵はAki。さんのBBS でした。

2009年12月21日

_今まで描いた事が無かった。
steel01.png
ほとんどグループでコンポ化していないと云う事もあるけれど、これで5MB超え、パネル・継手とか描けないなー。

2010年01月15日

skin23

_
私の環境ではあまり出番が無く久々に登場願ったのだけど、どうやっても望んでいる面が張れない。
ふと思いついて前版に戻してみたら難なくクリア..
これは勝手な思いこみだけれどひょっとしてSU7.1ではまともに動作しないのかな?

SU7.1日本語版

_
が出たらしい。

2010年01月17日

風洞

_
duct01.png
おさまりチェック..あと1系統入ってくるんだけどね。

2010年02月01日

太陽軌跡と指定点日影時間

_rjさんのところより..
うちでは10年前からこんな感じでチェックしてます..ちょっと自慢
shcht02.png

2010年02月12日

BeDraw6.95

_
> SXF(SFC,P21)保存を修正
これだった、ありがとうございます。
エラーが出て書けないものがいくつかあったのだけど日程も詰っていて検証も出来ず、当面の策として6.91に戻して急場をしのいだのが、この版でやってみたら何事もなく変換完了しました。

2010年02月24日

話題

_になっていたのを知りつつ
落す機会もなく、やっと今日になって。
lfoot.png
ほーっ、なるほど..名のとおりの使用感ですね。
Sketchupとの連携にはちょっと色が違いすぎるかも知れません、コンポとしても30000ポリゴンでは重々です。
オリジナルのファイルサイズは大きくないんだけれども。

2010年02月28日

襖開け

_Flash失敗。
掲げるにはサイズ大きすぎ..SU7インタラクトツールでそれぞれ開けてちょ。
fusuma-ake.png

2010年03月14日

恒例

_年度末祭りの真っ最中ですが..
そろそろ飽きてきたところです。
で、気分転換に以前のプラグインをいじくってみました。(LineDXF3m)
ldx_skp.png
上が、下になりました。
ldx_dxf.png
こんなん使う機会が無いしな..

2010年05月21日

せっかく

_のくわっどこあなので、
何か明確に「複数コアを使ってるんだぞ」と云うのを試してみたい..
で、やってみましたIndigoRenderer。
1個目をマスターで立上げ、
2個目はスレーブでループバックを使って疑似ネットワークレンダリング..おぉー速いぞ..
んじゃぁ3個目...んっ?あまり変わらないな
それっ4個目....
M-S間通信にばかり時間食ってる、てか元々4コアなのだから4つ上げたらシステム分すら無くなって待ちプロセスになっているだけか
..ダメじゃん
でも2個なら確実に速いからね。

2010年06月06日

プロッタ修理

_
長々お付合いいただいているHP-DJ430・2代目ですが、駆動ベルトが劣化してプーリーからはずれてしまいました。
バラして確認したところ他に具合の悪そうな点もなし新品ベルトのみ網調達して交換しました。生産終了して大分たっているが保守部品が豊富に出回っているだけでもありがたいね。
まだ々々動きそうです。

2010年06月16日

ライセンス

_
まだ勘違いしてる方がいるかもしれないので念のため、
日本語による説明では最新..かな。
sketchup.google.com

2010年06月22日

3Dテキスト

_を曲げてみる。館のBBSより..
arch-text.png
テーマは単純だけど答えは多種多様、ヒットスレッドですね。

tak2hata氏のプラグインで作った草地に被せてみました。

2010年06月28日

バウハウスの原則

_
いやー、一寸上げてみただけで深い意味はありません。すみません。

2010年07月03日

季節はずれ

_ながら
枯木を生成してみる。

時節をわきまえぬ行為とのご批判覚悟ではあります。

しかし..下記事でも利用させていただいたように、この国には花咲爺(Make_fur)が居ますから

こんな風にしていただくのです。

枯木屋 ※utf-8で保存ですよ
原著はa4chitectさんのlsystem.rbです。
たった1本で3MB超になってしまいましたから実用にはならないでしょう。

リクエストにお応えして

これぢゃ何だか判らないですね、こちら。

2010年08月03日

ちっちゃい

_球。
モデル情報の単位で、精度を0.001とかすれば良いんでないかい?
tinyspr.png

2010年08月23日

ruby

_からOpenGLならばとても簡単でした。





使える環境構築にそれなりのスキルは必要ですけれど。

2010年09月14日

_動かせるんだね、


うーむ。

2010年09月25日

あらら

_SCFでこんな遣り取りされていたのね。
http://forums.sketchucation.com/viewtopic.php?f=40&t=30883
そんな時こそDCにあまり期待しないでPlugInで何とかしようと考えないかなー。

2010年10月31日

久々の

_館の話題から。

口うねうねは実用にならないから好きじゃないので..
と云うか単なる手抜きですけれど、ひねり波柄グラス。

2010年11月07日

220MB

_凄いデータですな。
うちじゃ10MB超えでもうダメだから..それだって3DTreeやら添景で膨らんでるから正味は大したもんじゃない。「分割モデリング」で少しは解消するけれども、それにしたって最終合体時には動かない。

2010年12月10日

QR

_コードを図面に貼る。
QRonJW.png
ずっと前から出来てるんだけどね。

2011年01月07日

HolePunchTool.rb

_TosiharuKさんのところより

SU8になって、cutting_windows.rbがエラー起して動かない※を置いておくにしても
現状最強の建具穴あけツールですね。
「穴エンティティ」を建具と一緒に移動させられる、というのが秀逸です。
うちに置いてる'wdoors_kai'では巧く穴が開かないので修正してアップしました。

どういう風に書けば特定コンポとリンクするようなエンティティを生成できるのか..にも興味があります。


※たった1ヶ所のパッチで済むのですがね

2011年02月25日

WebGL

_気になりだしてる。

まずは此処に↓簡単なサンプル集が
WebGL Expamples
但しこれらをちゃんと閲覧するには
 ・GoogleChrome9
 ・FireFox4の開発版(正式beta版は試してない、nightlybuildsの最新ではおっけ、うちの貧弱スペックのXPノートでは、さらにOSMESA32.dllも必要でした)
が必須。

で何がしたいのかと云うと、どうしてもAndroid端末で3Dグルグルをしたいのですよ。
幸いAndroid2.2上ならばこれもMozilla系のfennec開発版nightlybuildで覧られることは確認出来た(マウスボタンに相当するインターフェイスが無いからグルはなしで)から、ちょっと研究してみたい。

2011年03月05日

その後

_じっくり考えてる余裕がない。
サッと流して見た感じだと、あれこれいただいてしまうとするとSKPからのエクスポータ書くのにあまり掛からないのじゃないかな、試してみるか。

2011年03月07日

一応

_
こんな↓かたちで出してみたけど
SU2WebGL_test1:4700faces
SU2WebGL_test2:14800faces

念のため..Chrome9以上 とか FireFox4のβ以上でないと観られないよ。

あと(最終目的の)Android端末のfennec(firefox)は表示できるけどしてもグルできないから、タッチイベントを奪取する方法がわからないんだ..誰か!おせーて。

2011年03月11日

その後の後

_
あちこち探し回ったら「fennecは未だtouches eventをサポートしてない云々」の書込み発見!
なんだー、そうなのか。
て、あきらめて回すためのボタン付けたら..

おぉぉぉー!
Android2.2+fennec(firefox)でWebGLの3Dデータがカクカク回るじぁないかーー、嬉嬉

WebGL on Android with FireFox<<SU2WebGL

眠いから寝る。
えーとプラグイン(仮)はこの辺に→SU2WebGL 3/21公開ツールに揚げました

2011年05月14日

屋根

_構築中..
membr01.png
なんだか翅っぽい。

2011年05月21日

これは

_絶対無理。
レイアウトが6シート入って、しかも外部参照3件..
こんなDWGもらっても、うちでは使えねー。

ぶうたらしながらあれこれ切り貼りして何とか必要部のみインポート
ってか描いたのかも。

2011年05月25日

穴開け

_HolePunchingTool..
最新版をSketchup7.1で使おうとしたらクラッシュ、BugSplatに登場されてしまった。
原因特定してる時間は取れないので、元に戻しました。V8.0ではちゃんと動いたんだけど。
windows_kai(wdoors_kai)をお使いの場合、申し訳ありませんが最新版とV7.xでは動きません..一応告知、時間をとって原因調べるつもりでおります。

2011年07月03日

日差し曲線

_
呼び方はいろいろ..日影チャート、日影定規
要はこんな奴で、元々2Dで透明フィルムに表現したものだったりするのですが
tde110703.png
3D表現してみればズバリ「此処カットしてね」って云えるねぇ。

2011年07月09日

こちらの

_
意図するところを伝えるのに苦心しなくて済むから..
krk_07a.png
そう云えば此処らも梅雨明けだそうで、皆々様ご自愛くださいませ。

2011年08月13日

このくらい

_で手打ちませんか、ギザギザはちょっと。
wtrs.png

2011年09月19日

Android

_2DCAD
春頃Autoのやつも出てるしJWのViewerがあっても良いんですけど。
これぁあくまで主観だけど、
小端末で観てるのだから、全体-部分の関係性とかしっかり理解するにはそれなりに時間がかかるし必ず見落しとかも出る。
と思うからその端末で編集出来るようにしたら絶対ダメだ..観るだけ、あるいはチェック機能(朱入れ)ならあっても良い。
となればPDFでも良くないか?現状でスマホやタブレットで閲覧・アノテーション可能なアプリがいくつか有るしそれぞれ便利だし全く困ってない..2DはPDFでいいが問題は3Dだ、今は何が良いんだろう?
あっ、1点だけ欲しいか..測定機能..これはPDFにはムリ。

2011年11月06日

勉強

_会 に行ってきました。

またまた良いものをたくさん魅せていただき皆さんありがとうございました。

さっそくXchangeViewerに切替えてみたり、さるメーカーから3面図いただいてきたり..
そして最強JW-SUツールですね凄かったですね。

それとMBAでJW、あれはWineだったの?Parallelsだったの?それとも別の何か。

2011年12月09日

android

_のタブレットがあれば良かったのだけれども...

SightSpace3Dって云うモバイル端末用の3Dビューワがある。

iOSのタブレット等でSketchupモデルを覧られるものが1年ほど前からリリースされていて私見ではCubitsかSightSpaceが有力と考えていたところ、今月に入って後者のandroid版betaが発表されてるのに気づいた、でさっそくテスター登録してうちのスマホにインストール、試してみました。

sketchup→kmz変換が必要ですが結構グルグル行けますね、要素数が多大になると覧られなくなるようですが、有る程度シェイプしてやればオッケでした、これでやっと3D的にはiOSに追いつけそうです。

ここにスクリーンショットなど置けば巧いのだが生憎android端末ってやつは簡単にはそれが採れないことになっていて、うちも今はunroot状態なのでゴメンね。

2011年12月15日

真太陽時の

_日影 with Sketchup

公開しているスケッチアップ日影関係ツールの
・位置情報設定スクリプト のうち 真太陽時への対応がうまく機能していません、
v6の時に作成したもので > v7> v8 時に動作確認できていませんでした。
現在対応作業中ですので、しばらく後に更新公開する所存でおります。

だいたいこんな風に表示できれば正常ですね。

2012年04月10日

場外から

_ゴメンね。
本件についておそらくマニュアル等にも明確には書いてなかったように記憶していますが今の所それを確認する気がないので此処に。
BeDrawにおいて縮尺1/1は特殊な振る舞い(仕様です)をします..1/1を指示した時点で「コピーや貼り付けでは図形を図寸で扱う」と宣言したのと同義となりますので、それはまさに正しい動作をしているのであって不具合でも何でもありません。

2012年04月18日

この壁

_の北側に
どうやって計画しろって、え?

ws00a01.png

2012年04月28日

世間

_の黄金週とは無関係に予定が組まれているカレンダーが、恨めしや。

えー、SketchUpが身売りって云うニュースに動揺してしまって考えがまとまらなかったのですが..少し落ち着いてみましょう。

6年前にGoogleがAtLastから買って即ぐにFree 版を公開してしまった時には、こりゃ一気に広がるんではないかと思われたこれど、実際には急に流行る事もなく限定的な層にジワジワと知れ渡り..世の3Dに対する需要の殆どは所謂有機的な形状を造るところにあって土木建築的な構造に向いたモデラーは一般的ではないでしょう..建築学生達なら普通に使える程度には普及して来たところか。
当初(今も)Earth上の構造物構築用としての目的は充分に果たしているけれど、2Dの写真から自動的に3Dに立ち上げる技術などEarthも進化していて、これが進めば個々のモデリングは不要と判断されたのかも知れない。
[自動で立上がる首都]
ET0001a.png
Earthはこれで良いかも知れないが、うちらの計画シュミレートとかにはSketchUpとの連携は欠かせないし後戻りは難しい。

つづく..?

2012年05月13日

SXF線太さ

_の設定。
仕様で云うと、0.5mm系か0.7mm系のいづれかを使ってその整数倍(分)の線幅を使うことになってるらしい

0.5mm系なら 0.5>0.25>0.13
0.7mm系だと 0.7>0.35>0.18 てな感じで。

これは建築では採られていないはずなので気にしなくて良い..と云うか特に建築設備図における建築成分(かつては裏書きされていた)などは0.13mmでは太すぎて図にならずその半分で丁度良いくらいだから鼻から仕様通りに行く訳ないので..とはいっても少しは規準が気になるので普段は0.7mm/0.5mm系混在の0.35/0.25/0.18/0.13あたりを使って作図しています。

2012年06月21日

節気

_は夏至。
視赤緯や均時差や**や..日影諸元を求めるのに必須な値で、過去数種の計算式(近似式)のお世話になったが近年は松本先生の式に依存。
初めはその年の理科年表から数日拾って確かめてみたりしたけれど以降は放ったらかし、いえ信じてます..と云うか検証手段ないから。
で、そのためだけに確認手段を調達するのも勿体ないから今日みたいな特異日には一応格好だけでも計算結果の検証..合っていて当然か。

2012年07月14日

作成要領緩和

_SXF..

建築は対象外だと思うが一応チェック。
JACIC

2012年09月14日

と云うことで

_ 右のSketchup頁 →

SketchUpで日影図天空図項のプラグインパッケージを更新しました。
実際にはプラグインスクリプトはそのまま、
使用するImageMagick(RMagick) ライブラリを最新版に更新
それを梱包に含めてしまいました.. と云うことです。

2012年09月24日

おそらく

_こんな形のことだね。
bs-tm.jpg

2012年11月15日

何年か

_ぶりで外変とやらを1個やっつけた。

いえどおってことなく、ただ既存のやつの4行書き換えしただけなんだが、まったく違う機能になって便利は間違いないから..しめしめ。

2012年12月19日

FreeDxf

_Jimさんのやつ。

必要に迫られてようやっと入れたよ..
>>日本語のフォルダ・ファイル名がアウトなのと読取り単位系がインチ
の2点を弄れば問題ない?

2013年01月07日

4点補正

_これの有用性は変わらずですね。

izawaさんにも注目していただけたようで..

あたしはと云うと、こいつを使えば楕円=楕円の接線が解けるはずと睨んでいる(もう7、8年)のだけれど真面目に取り組んでいないから目論見倒れでずーっと過ごしています。

2013年01月23日

HTA

_内のスクリプトを

明確にスリープさせる方法が判った..今更です。

HTAの中のvbscriptはWSHでないから
> Wscript.sleep
ってやれないので、泥縄的コードで誤魔化していたのが
ひょんな所で教えていただいた。

で..FPNとか・・とか
とにかくSendKeysを多用してるスクリプトを一通り見直しして。
結果には結びつかないかも知れないけれども..

FPNランチャ   と
import_from_2d を

修正してアップし置きました。

2013年02月14日

正と側と

_で
SketchUpなら簡単だねー。


2013年07月13日

まったく

_もって今更ではありますが。

設定によっては、等時間計算で全然正しくない結果が返って来る事につい最近まで気が付きませんでした。
多分国中探してもユーザは居ないから被害は微少かもしれなないですが一応告知。

定数定義ファイルの中で$msmx の値は240を超えて指定しないでください(正確には255か)。

2013年08月02日

SU

_強化月間..ひと月係ってないけれど。
sk_sh0802a.png
先月中からSketchupで建築計画支援スクリプト=日影・天空プラグインつくってました。
と云ってもBeDraw版からの移植なので主処理には手を付けず、専らSUデータ→日影図セットデータに適合させる処を書いて正しく回るのを確かめる、をやってました。

なんとか成りそうなので予告編でした、しばらくお待ちください..うちでは何処かのサイトみたいにやると云いながらの放置はありませんから...

2013年08月07日

SketchUpで日影図天空図

_のページを更新。

下記事の予告とおり、右上の公開ツールに
Sketchupで 日影図、等時間日影図、指定点日影時間、指定点天空図・率 を描けるプラグイン
を用意しました、Free版Pro版問わず動作します。

Sketchup単体で2DCAD等で描画されているような日影線・天空図を生成して3Dによる建築計画を支援します。

従前の画像イメージによる等時間日影処理等とは分離し、従前のものは別建てのパッケージとしました。

2013年09月07日

スプリング

_の伸縮..
拡縮ツールで掴んで伸縮させるのが一番それらしく見えるがガイドごと表示になってしまうのでなぁ。
Flash

2014年01月12日

先進三次元

_3/15に研究会例会が新潟市内で開かれる。
3DCADやBIMに関して古くから情報交換してるグループなれど中心メンバーの方が四国・関西だったりで知る機会も無かったのがFB友人の伝手で情報をいただいた。うちからはアクセスも良いし参加したい..普通なら年度末のバタバタ(おそらく今年も)だが無視しても..結構3DだBIMだのとアンテナは広げて動向はある程度知っているつもりではいるが、実際にBIMの現場に身を置いたことはないから経験者のお話など聞けたらそれだけでも随分価値があるってものです。

2014年01月22日

土木

_?
3Dイラストデザイナー建設・土木工事用ベータ版
Megasoftまた何か囲い込み法でも思いついたんだろうか。
まだダウンロードもしていないんだけど、イラストだけなら今でもDigsonさんからいただいたデータで立派に描けるしなプラスαの部分が大きいと判れば使ってみるけど、どうなの?

2014年03月13日

SketchUP2014

_次々よくわからんVU
今回はRuby2.0のバンドルが目玉
..と云うかRuby1.8系から1.9(2.0)は仕様変更が大きいから1件づつちゃんと検証しないと動くかどうか判らない。
windows_kaiがダメなのは情報いただいたので速攻で修正してアップしました、あとは順番に見て行く必要があるので時間をいただきます、自宅機は今も8で以降入れてないから。

2014年03月18日

先進三次元研究会新潟例会

_遅ればせながら参加報告です。

田上さんの基調講演に続いて
VectorWorks
ArchiCad
Gloobe
Revit
各BIMユーザーによる実例報告。
内容の濃いBIMとは何か、今までの2DCADとBIMの違い(ワークフローの違い)、今後の展望といった解説を含めたBIMに関する紹介をしていただきました。特にそれほどの驚きもなくうんそうだねと納得の内容でした、只皆さん共通に一貫して感じた空気と云うか、私の偏見だとは思いますが、もはや設計作業において2D図面は描きたくない必要性をあまり感じないと云うものでした。
プロダクトの現場において2D図面を介しないという事になればそれは革命であって改革ではなくなる訳です。建築に限ってみても2D図面の無い行政手続きはありえないのでまさに其処から変えて行く必要があり一筋縄では行きません。
現役の先行き短い私にとってはどうでも良いって云やそうなのですが、過去数千年の歴史ある3D→2D
表現がつひに消えゆく運命にあるかと思うと複雑な気分になります。
次に、やはり皆さんBIM の有用性を正確に理解しておられ設計・施工に限らず建築完成後の維持管理保全(FM)で有効利用できる事を強調していらっしゃいましたが、この点には自分としては反論がありまして建築寿命というものを正しく理解してないんじぁないかと感じました。今新築のBIMデータを保存したとして建築的に最初の大規模改修工事は大体15年後になります、その時そのデータは生きたデータとして読めるのか、新陳代謝の激しいソフトウエア業界にあって15年そのデータを保全できるとはとても思えないのです。
これにはテキスト形式BIM共通データIFCを利用すれば一応データは読めるかもしれないという期待はありますが、最悪新規ソフトウエアを開発しなければならないかもしれないというリスクを抱える事になりますが、
10年近く歴史のあるSXF共通ファイルにしろ納品する側に全く仕様が浸透していないため、1ファイル複数図面がまかり通っていたり部分図縮尺と全く違うスケールの図が納品されていたりどうしようも無いというのが現状ですから。
いづれにしろBIM化が進行すると2D図面は2次的3次的な扱いになって行くのだろうなというのが総括的感想でした。

などと云ってると3/19国交省から「BIMガイドライン」なんてのが発表された..ざっと要約すると「BIM使うのは勝手だが納品は2D図に限るからな」というBIMの将来に踏み込んだ処は感じられない内容でした。

2014年05月19日

SU2014

_その後
rubyの標準ライブラリをバンドルしてくれて(win32.apiやwin32oleや)巧いと思っていたら其処への暗黙パスが通ってなくてパス付きでrequireしないとならず、しかも呼ばれたライブラリが他に依存してたりするとパスが無いから呼べずにエラー..なんという仕様だこりゃ。
これなら自前で.soとか入れてた以前の方がまだよかったんじゃないか。

2014年09月30日

H型BS

_掘り起し
ずっとHDの隙間に入ってるのは認識していたが使っていなかった。

ひょんな事からこう云うのがあるから使ってみればって勧めてしまったら、もはや公開停止されていたのでした。

試に使ってみたらXMLスタイルシートにエラーが出たり(XML仕様が遷移)、積算集計が上手く動作しなかったり(こちらはBeDrawの側に原因がありそう)。
どちらも少々手を加えたら正しく稼働した、経年していようがH裏サイズが廃止されようが、これが傑作である事に変わりないのを確認、ありがとうございます。

欲を言わせてもらえば、ずっと公開続けていただけたらよかったのに。

2015年04月25日

Sketchup2WebGL

_
震災の時に作っていてブラッシュアップするつもりが未曾有の状況に意欲が萎えたのは否めません。4年の間にWebGL環境は劇的に進化、関連ツールも絞られ、Three.jsがスタンダードになりそうな気配です。
そこで、うちのSU2WebGLスクリプトも従前のものからTree.jsライブラリ依存へと乗換えすることを決めました、また前版で実装断念したテクスチャマッピングを何とかしたいと思っております..4/25現在こんな状況になっております。
如何でしょう?

2015年05月09日

テスト

_Sketchupで日影図天空図
sush0a0.png

2015年07月30日

3点を

_指定して矩形を描く
某所でのネタ話から軽いノリで製作。
どのような効能があるのかと云うと


日影図に載せる近隣建物のトレースなど、建物毎に軸角変えて描かないとならないようなものエイッヤーと行けたりします。

右の[公開ツール] [NonGenre]に置きました。

2015年08月29日

耐震診断

_?
築40年ともなると..
kkgj-2.png

2016年02月21日

WebGL

_最早プレゼンにブラウザさえあれば良いと云う幸せな環境。

WS000007.png

2016年03月10日

WSC

_ on Windows10

って云うのは本当はダメなのかもしれない。
うちは7からの移行で気が付かなかったけれど..

新規に登録しようと思ったらscrobj.dllにはねられてエラー!
全くregist不能ですぜ。

しかし、試しに手動でレジストリ構築してやったら難なく動いた..
って何だよそれー、32bitの場合ね..64はやっぱりOUT!

2016年05月03日

スクリプトから

_クリップボードを使う。

以前からお手軽さが好きでWSHなスクリプトを利用しているのですが、
クリップボードを使おうとすると、IEのオブジェクトに依存する方法が一般的らしかったのでずっとそうしていると近年IEのセキュリティが厳しくなってなかなか難しくなってしまった。
何か上手い方法がないかと探しても今いちピンとこなくて、MsOffice 付属のFormオブジェクトは簡単でもOfficeがインストールされた環境限定になるしなぁ。
と思っていたらOfficeが入ってなくともFM20.dllと古い(Windows98の時からある)ActiveXControlPadをインストールすればFormオブジェクトが使えるようになるらしい(Win10 32bitでは使えました)。
今後はForms.Form1のクリップボードを使うことにする..爺さんは古い技術から抜け出せないね。

2016年05月26日

極外変網計画

_のページ
大分前にレンタルサーバのrubyバージョンが2.20に上がってしまい、rubyで書いた極外部変形が動作しなくなっていたのをずーっと放置してしまいましたが、ようやくメンテできました。
もはや使う方も居ないと思われ大した支障にもならないですが、一応管理者としての気分の問題。
ついでに極部品/外変網ランチャをWindows10対応版にして差し替え、これも標準でなくなったIEが不安ですが一応動作したので大幅な書き換えしません..
あと、以前から判っていた事ですがBeDrawでfenが動作しませんので、ランチャ使用必須にして、内部的にfen>bat変換してから実行するようにしました。

2017年07月08日

Sketchupに

_基盤地図標高データを呼んで地盤を生成

Sketchupに備わっていたジオロケーション機能は、GoogleとTrimbleの契約終了により、2017/05/22をもって無効になってしまいました。「場所を追加」することで、GoogleEarthの空撮画像と3D地形データを一気にインポートされ、重宝していたのにとても残念です。
これは何とか代替法を確立しておかないとイザという時に困った事になると思い、いくつか画策していたところ、手間は掛かるものの何とか使用に耐えそうな方法が見つかりましたので此処に揚げておきます。

□用意するもの
(1) 基盤地図ビューア:  国土地理院のサイトからダウンロードします
              基盤地図ビューア
(2) 基盤地図情報データ
  基盤地図標高データ  同基盤地図情報サイトからダウンロードします
             (要利用者登録 IDとパスを取得してください)

(3) Sketchup

(4) 標高データをSketchupに読込むプラグイン
    import_Pcloud.lzh
(5) 読込んだ標高データにメッシュを張るプラグイン
Fred6氏作TopoShaper SketchUcation(要ユーザ登録)からダウンロード

□生成手続き
結構な手間がかかります。
先ず(1)で
・「新規プロジェクト」を作成
 この時、必要な(2)のデータを指定します、本来の目的(地盤を生成)の為だけであれば5mメッシュだけでよろしいですが、目的地が何処であるか認識するのが難しいので基盤情報を重ねて表示させるのが吉。

※日本地図は各地方によって直角座標の原点が決まっていて〇系と表現されますが、利用データが所属する系を知っておいてください。

・地図が表示されたら目的の場所を探してエクスポートの準備
 3D地形をエクスポートする範囲を「矩形領域設定」します。領域は最大で500mx500m程度にしておかないと処理にメチャメチャ時間が掛かってしまいます。


・「標高メッシュをシェープファイルへ出力」
 出力先ファイル名を指示する時に、ファイル種類をテキスト形式(.xyz)として「保存」します。


(1)を終了

次に(3)のSketchupを起動
・「プラグイン」「import_PointCloud」から上で保存した(.xyz)ファイルを選択、

データの系番号を指示、してしばらく待つと3D点群がインポートされます。


点群を選択状態にしてから
「ツール」「Fred6Collection」「TopoShaper」「GenerateTriMeshTerrain(Cloud)」を実行、

しばらく待つと上部に独自ツールバーが表示されますから、ここで真ん中の赤三角(バーが付いてない方)をクリックして待ちます..

点群の量に依りますが待ちます..とメッシュが張られて地盤モデルが完成です。

※しかし、この地盤モデルも地形表現だけで何処が何処なのか判読が難しいです、そこで先ほどの基盤地図から所定位置の画像などを切り出して、地形に投影させたりすると少しだけ使い勝手が良くなります。

About CAD

ブログ「天越ブログ弐」のカテゴリ「CAD」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはBeDrawです。

次のカテゴリは管理です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。